あなたの愛と才能を全開し、あなたを「しあわせ全開(一杯)」にします。

語学学習で最大の効果を発揮するデジ速

語学学習で最大の効果を発揮するデジ速

 外国語を学ぼうとするときに、耳の大切さ、聴覚の大切さを考えたことがあるでしょうか。

 中学、高校で6年間、大学を入れると10年間英語を学びながら、話せないのは、耳のせいだと知ると驚かれると思います。私たちは、常識にだまされていることも多いようです。日本語は、数キロヘルツくらいの間での周波数でしか話さないのに対して英語は、10キロヘルツの周波数を必要とします。

 英語がわからないというのは、日本語の耳にしかなっていない耳で、英語を聞いても、実は音が聞こえていないのです。このため、英語を学ぼうとするとき、英語の音がわかる耳を作りながら勉強する必要があるのです。
 
 英語を教える先生もこの事実を知らない人が多いのが現状です。この聴覚器官のことを棚上げにしたまま、実は、言語学習について論じることはできないのです。

 第三章で述べたように、耳は生まれ変わることができます。トマティス博士は、耳ができあがってしまっている人に対しても、生まれたときの耳に戻すことができる方法を見つけ、トマティス療法として確立しました。
日本でも、「トマティスセンター」として、その治療をしてくれるところがあります。

 これと同様の効果をデジ速でも出すことができます。生活の中で効果が出るまでの期間は、治療よりも時間がかかるかもしれませんが、高音から低音まで良く音が出ている音響システムを利用して、高周波から低周波まで含んでいる音楽を日々聴くことによって、日常生活の中で耳の改善をしていけるのです。

 この観点からすると、デジ速効果を発揮する最大の応用分野は、語学学習ということになるでしょう。従来の日本の英語教育は、泳ぎ方を理論的に教えるだけで、実際にプールに入れないようなものでした。





a:141 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional