あなたの愛と才能を全開し、あなたを「しあわせ全開(一杯)」にします。

開発略歴

開発者略歴

開喜男♪(v^_^)v。



 開発者が何故愛と才能を全開する「脳力全開」を開発するようになったのかは、PDFファイルでまとめましたので、ご覧になって下さると幸いでございます。

開喜男とは、グローバルサクセス研究所の所長である菊池昭雄の号でございます。




クリック!開喜男♪(v^_^)vの「あがきヒストリー」/


全開研究所 所長  菊池 昭雄

●はじめに

若い頃、人は皆、個人個人では幸せを求めながら、
それでも戦争が地球から無くならないのは何故だろう
と不思議に思って来ました。

今なお戦争が地球の至る所で起こっています。

また、あまりにも富の格差が大きくなっています。
それが能力の格差に繋がっています。

そして、夫婦同士も、愛し合って、『病める時も、健やかなる時も』
と愛を誓って結婚したのにも関わらず、

子どもの頃、米国は、家族愛も富も理想の国のように
見えました。「名犬ラッシー」とか家族みんなで見て
いました。しかし、時代の推移と共に、2組1組が夫婦が
別れるという現実を知った時は、ショックでした。

愛って何なんだろう?

現在は、夫のDVが日本社会でも多い事を知り、
同じ男性として、相当な責任を感じます。

愛を動機として結婚をしたのに、
暴力を振るうようになってしまう、
永遠の愛は実現できないのだろうか?

また、日本では3万人近い人が自殺をされています。

・・・

いろいろなことを感じながら、
地球上で抱えているすべての問題を解決する方法は
ないものだろうかと考えるようになりました。

私なりに導かれた一つの結論が、
『人類の愛と能力の全開』でした。

人は、今『蛹』のようで、生まれながらにして
与えられている愛と能力を全開出来ず、『蝶』に
なり切れていないからだと考えました。

愛情を全開できさえすれば、
円満な愛を持つことができ、他者に危害を与えることは
出来なくなると思うのです。

一人一人の人間が、
自分の愛情(EQ)と能力(IQ)を全開できれば、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1.個性も、2.愛も、3.富(金)も、4.健康も、

手に入れることが出来て、

他者とまた他国と奪い合うこともなく、
愛と和と創造で、嬉しく面白く楽しく
イキイキとそれぞれが生きていけるのでは
ないかと思ったのです。

そして、皆様お一人お一人、
大きくは、人類の愛情と能力が全開出来ることを
夢見ながら、『脳力全開』という商品・サービスを
開発し続けています。



1955年3月13日

 愛媛県大洲市平野町平地会心350番地に、(父)長、(母)浪子のもとに、兄ひとり姉5人の7人兄弟の末っ子として生まれる。大洲には近江聖人と評される中江藤樹が17年間住んでいました。町の中央には冨士山があり、肱川が流れ、小京都のようとも言われているところです。

1975年3月30日(20歳)

 国立新居浜工業高等専門学校 電気工学科卒業 不景気な年で 、入社日が一ヶ月伸びる。その一ヶ月の間に、渡辺剛彰先生の記憶術の本と出会い、記憶には記憶術という方法があったことを知り、無駄な勉強方法をして来たことに大きなショックを受ける。

1975年5月1日
 
 日本電気株式会社入社 産業オートメーション事業部メディカルシステム技術部配属 フランスへ渡航(CGRとの提携で) する機会を得る。
初めての海外渡航で語学学習に関する貴重な経験をすることが出来た。

1981年1月31日

 日本電気株式会社退社 (70ヶ月在籍)

1983年7月12日(28歳)

 ベンチャー会社 入社 研究開発部に従事
世界最先端の開発場所であるシリコンバレーにも、二度ほど訪問する機会を得る。

1988年7月12日(33歳)

 [大きな体験]  文字認識ソフトを開発する開発の限界状況の中で 、人間にとっては、創造性がもっとも大切であり、だれにも、無限の能力が潜在意識の中に植え付けられていることを体験する。

1994年7月31日(39歳)

 ベンチャー会社 退社 (4000日在籍)。

1994年8月1日(39歳)

  グローバルファミリ情報ネットを設立する。

グローバルファミリ情報ネット設立 1992年に始まったインターネット利用の商用化を起点にして、1993年から本格的なグローバルネットワークの時代が始まる。中央から見れば、まだまだ 遅れている愛媛(四国)の地において、中央と同じようなネットワークの恩恵を受けられるようにするために、ネットワークとマルチメディアコンテンツを基軸 とした事業展開を行い、郷土に貢献しようという動機で設立した。四国で初めてインターネットの接続環境を提供した会社となった。(NHK、南海放送放映, 愛媛新聞掲載)

1994年12月 1日

  有限会社グローバルファミリ情報ネット 株式300万となる。

1995年 4月 1日

  この時まだ3社しか存在しなかったプロバイダの一つであった
  東京のBekkoame Internet と提携し
  四国初のインターネットのAP(アクセスポイント)を松山に
  設置する。

1995年11月22日

  四国で地元企業による初のプロバイダである
  株式会社 四国インターネットを設立する。

1995年12月 1日

  株式会社 グローバルファミリ情報ネット 株式1000万となる。

1996年 4月 1日

  株式会社 グローバルファミリ情報ネット 株式2500万となる。

1997年 8月 1日

  知人からの依頼でNigeria国内でのプロバイダの設立を支援する。

1999年12月 1日

  教育サービス専門会社 グローバルサクセス株式会社を設立する。

2000年8月 1日

   デジタル速音聴システム『脳力全開』のV1.0を開発。
  20歳に出会った記憶術と33歳に体験した創造性とを
  統合したシステムを開発する。

2000年12月 1日

  デジタル速音聴システム『脳力全開』のV2.0を開発。

2001年 4月 1日

   デジタル速音聴システム『脳力全開』V2.0の本格的販売を開始する。
  
  45年間の人生で追及してきた脳力開発の世界を、
  120日間の脳力全開講座、理論編、基礎編、応用編としてまとめ、
  全開の成功哲学講座として、セットにして本格的な販売を開始する。

2014年08月1日

   13年の経験を土台に、
  二代目となる「脳力全開Ⅱ」の出荷を開始する。
  
  2001年4月1日の初出荷からはちょうど、160か月、
  40日の誕生数では120回繰り返したこととなり、
  この間に進化した内容、ユーザー様のリアルな体験などを取り入れ、
  全面新しい講座として仕上げ、御提供することができた。

2014年09月17日

   いつもと同じようにキーボードの演奏の練習をした後、
  脳に今まで感じたことのない衝撃が走った。
  その脳内の現象をゆっくり分析して見ると、
  脳内の「音」と「絵」と「字」の各部位が太い脳神経で
  繋がった感覚ではなかったかと捉えました。
  
   そして、この体験こそが『全開』が追い求めてきた
  「脳力全開のステージ」であり、
  今日、そのステージ上に這い上がることが出来たのだ
  と捉えることが出来ました。

2015年01月15日

   9月17日の体験を通して、
  愛(EQ)と能力(IQ)を全開する脳力全開方法を、
  子供でも分かり易く『音絵字法』と命名する。

  その商標が特許庁で認められ商標登録される。

2018年 2月19日

   ユーザー様に加速して速音聴効果が出てくるように、
  政木博士の開発されたパラメモリ技術を導入した
 「パラメモリ背景音付き速音聴」を開発し、リリースを始める。

  「脳力全開ⅡB」では、最初から御提供するように
  商品の構成リストの中に組み入れる。

2019年 4月 1日

 今までの悟りを元に人生を喜びに満ちて生きる方法をまとめた「しあわせ全開学『人生の指針』」教本を作ることが出来た。



元に戻る




  
a:295 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional