あなたの愛と才能を全開し、あなたを「しあわせ全開(一杯)」にします。

学習効果を高め潜在能力を覚醒させる「デジ速」

学習効果を高め潜在能力を覚醒させる「デジ速」

 このデジ速開発の目的は、人間の大脳を驚異的に活性化させ、学習能力を高め、聴力、理解力、読解能力をアップさせると同時に、人間が本来もっている潜在能力を覚醒し、人類の文化的発展に役立てることにありました。それが1枚のCD-ROMという形に完成されたのです。

 これをパソコンにインストールし、通常話すスピードの8倍速までの速音として、さまざまなコンテンツを聴くことにより、信じられないほどのEQ的IQ的効果がもたらされます。

 では、このデジタル速音聴による効果は、具体的にどのような形で現われているのでしょうか。

 神戸の塾「苦楽園学習塾」では、読書の時間を設けて、自由に本を選ばせ、デジ速で本を読ませています。同塾では、デジ速導入後3カ月たって、アンケート調査をしました。
そのアンケートに書かれていた感想の一部をご紹介してみましょう。デジ速を聴かせながら、本を読むのを「速音聴読」と呼んでいます。

 ▽今まで、本を読むのは、あまり好きでなかったけれども、速音聴読を初めてから前より本が好きになったので良かったと思いました(中3)
 ▽普通に読書するより、聞いて、目で読んだ方が疲れないし、速く読めるので、ぜったい(の二乗×100)こっちのシステムがいい! それに、速く聞くので、英読にも、強くなる(小6)
 ▽頭が一時的に楽になり、知識が増えた(中3)
 ▽聞くレベルがあがった(中2)
 ▽友達との話や先生の話を良く聞けるようになり、勉強のはかどり具合が、1・3倍ぐらいあがったような気がする(中1)
 ▽記憶力がアップしたような気がする(中2)
 ▽集中力があがった。ちゃんと勉強に集中できるようになった(中1)
 ▽本を読むときに、文字を早く読めるようになった。回りの声をゆっくり聞き取れる。なんとなくテストの時間でも、ゆっくりできるようになった(中1)
 ▽とっても面白いと思う(中2)
 ▽テストの成績とかもそうだし、頭の回転が速くなった(中2)
 ▽学校の授業中(とくに英語)が、聞きやすくなったかなと思う。本なんて自分で読む機会が少なかったけど、役に立つから続けてほしい(中2)
 ▽本が好きになった(中2)
 ▽たまに、4倍速で聞いていても、ゆっくりと感じる。聞いていてリラックスした気持になります(中2)
 ▽もうちょっと4倍速より早くしてほしい。なぜなら、4倍速はちょっと遅くなり始めたから(中1)
 ▽その後の授業では結構集中できる。頭の回転が速くなる。スラスラ解ける(中1)





a:133 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional