あなたの愛と才能を全開し、あなたを「しあわせ全開(一杯)」にします。

デジ速でウェルニッケ中枢が成長するから頭が良くなる

デジ速でウェルニッケ中枢が成長するから頭が良くなる

 言葉が耳や目から入ってくるとき、私たちは必ず頭の中で再びそれを繰り返しています。これは誰もが無意識に行っていることなので、あまり意識したことがないかもしれませんが、少し注意を向ければ、耳や目から入ってきた情報を頭の中で唱え直している事実に気付くことでしょう。

 本を読むときも人の話を聴くときも、私たちは無意識にそうしているのです。これが「追唱」という機能です。

 私たちが外部から入ってきた情報に対して反応するスピードは、この追唱と深く関わっています。つまり、私たちが音声や文章を理解するとき、その理解のスピードは、追唱速度以上にはならないという原則があるのです。

 ですから、処理スピードを上げようと思えば、まずこの追唱のスピードアップを図らなければなりません。もし、この追唱のスピードを速くできれば、当然、脳内で行われる処理スピードも格段に速くなります。

 追唱は頭の中で行われている、と言いましたが、もっと具体的に言うと、それを実行しているのは、大脳内の言語中枢の1つである「ウエルニッケ中枢」という脳神経組織なのです。

 では、このウエルニッケ中枢の能力を高めるにはどうすればいいのでしょうか。一般に、速音を聴くことで、ウエルニッケ中枢を成長させられると言われます。

 速音は、いつも耳で聴くときよりも数倍のスピードでウエルニッケ中枢に音声情報を送り込みます。これを続けると、脳に伝達される音声情報は膨大なものになり、ウエルニッケ中枢では、耳から送り込まれてくるそうした音声情報を、何とか処理しようとして、神経細胞間のネットワークをビッシリと密にしていくのです。

 そして、このネットワークが密になっている人ほど、“機転が利き、頭の回転が速い”ということになります。

 速音の効果は、単に脳内の情報処理スピードを高めて頭の回転を速くするだけではありません。ウエルニッケ中枢は、ニューロンを介して記憶野、言語野などの領域と密接につながっているため、ウエルニッケ中枢の活性化の影響は脳全体に広がっていき、多くの良い結果を脳全体にもたらします。

 これが「汎化」と言われる現象です。

 つまり、速音を聴くことを日々の生活の中に取り入れることによって、ウエルニッケ中枢だけでなく、記憶、言語に関係する脳の神経細胞も全体的に増えてきます。これは即ち「頭が良くなる」ことに他なりません。





a:85 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional