あなたに「しあわせ全開」のゴールを手にして頂くため、あなたの感性(神性)を高めます。

発語の遅れ支援

(ご注意)
特に、3歳児以下で、自閉症のお子様には、
「PC、TV、DVD、音楽、全ての電子音を辞めて下さい!自閉症の子にこのような療育をすすめるのは犯罪に近い。」と言われます。こういう子たちは刺激の強い電子音に耳を奪われて人の声が入っていかなくなります。
【幸恵の発達障害の総合療法ブログ】
http://youjikyousitsu.blog.fc2.com/

あくまでも、コンピュータを利用しますので、利用される際には、原理を詳しくご説明させて頂きますので、その上で、ご検討賜れば幸いでございます。

電子音でも問題のない場合には、弊社の今までの経験では、5歳で発語がなかったお子様が、10カ月で発語される成果が出ています。実績として、そんなお子様が3名いらっしゃることも事実でございます。

  • 言葉が急激に増えました。
    •  菊池様、奥様、お久しぶりです。年末、年始パソコンに向かえない日もたくさんあり、遅くなりましたが、やっと絶対記憶40日を終える事ができました。書きたい事がたくさんあるので用紙を変えてしまいました。すいません。

       速音聴120日、絶対記憶40日すぎてみると、とてもたくさん変化がありました。1日、1週間だとあまり感じられないのですが、160日で考えてみるとすごい変化です。

      【感じた効果】
      ・ いろいろなアイデアが頭に浮かぶ
      ・ 考え方がプラス思考になった。
      ・ 行動が速くなりました。
      ・ 家族の愛が深まりました。
      ・ 子供と漢検を受ける為、勉強をしているのですが、1度解いたものを忘れずらくなりました。

      5才のたつやは、平日は速音聴で目覚め、絶対記憶はやったりやらなかったりの朝をすごしています。

      以前は、友達の中になかなか入っていけなかったのですが、自分から入っていったり、友達に声をかけられたりできるようになりました。

      難しい話もするようになり、本当に年令相応になってきたと嬉しいです。
      運動会では、難しい組体操もみんなと一緒にやりとげ、学芸会では、しっかりとせりふも言えました。

      七田の先生には、1年間、集中して難しい問題にも取り組めるようになりましたとおっしゃって頂けました。
       
       そして、これからの私の生き方の目安が浮かびました。

      たつやが小学校に慣れ、帰りが遅くなってきたら、養護学校が終わった後の子供達を預かる施設で、週1回ぐらい、ボランティアで、フラッシュカードを見せてあげたいと思いました。
       
      本当は、子供達の為の仕事がしたかったのですが、実家の工場での仕事は続けていくので、ボランティアなら成果にもこだわらずにできるかなと思っています。
       
      本当にありがとうございました。速音聴、絶対記憶の効果は思った以上でした。これからも続けていきます。そして、たくさんの人に伝わる事を願っています。

      菊池さん柏原さんのように、おだやかで志の高く持っていけるように近づいていきたいと思います。             

      早川 麻美

『絶対記憶』のサイトへ

a:1262 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional