あなたに「しあわせ全開」のゴールを手にして頂くため、あなたの感性(神性)を高めます。

音読効果

能力開発に、『音読』はとても効果がある

音読の効果は、古くて新しい普遍的な方法です。

脳力全開では、今までの音読のノウハウを一歩進めた
活用ノウハウとして、『イメージング高速音読』を提唱しています。

音読の効果を体感されたら、
お子様の幼児教育、受験勉強から、
歳をとった時も、呆けの防止まで一生使っていける『ノウハウ』
として活用して下さることを念願しています。

下記のように、『口』の運動に活用される脳のエリアは、
『手』についで、大変に広いものです。
音読が脳に与える良い影響について推測が出来ます。
歳をとっても、おしゃべりが好きな人は、呆けないと言われる
所以です。

画像の説明
(ナツメ社、「図解雑学 脳の仕組み」より引用)


脳力全開講座の中で、シュリーマンのことも説明しています。
音読で、22韓国語をマスターしたことを説明しています。

シュリーマン曰く、
「私はその時の緊迫した境遇から、あらゆる言語の習得を容易にする
一方法を発見した。それは先ず、習得しようとする言語の名文を毎日
訳すことなく大声で非常に多く音読することである。そしてそれを
暗唱してしまうことだ。・・・私はこのような方法をすべての人にお勧め
する。」

下記は、子供を伸ばす音読革命 (松永暢文著、主婦の友社刊)
(画像をクリックされるとアマゾンで注文も出来ます。)

からのコピーです。

ビリから2番目になった証が書かれています。
ぜひ、ご覧になって下さい。

音読の効果を理解して頂けると思います。

(一部引用)
音読効果の証し:ビリから二番の生徒を、急上昇させた「音読法」/
http://www.g-labo.co.jp/document/ondoku_effect_001.PDF
http://www.g-labo.co.jp/document/ondoku_effect_002.PDF
http://www.g-labo.co.jp/document/ondoku_effect_003.PDF

なかなか取り組めない音読、そこで『速音聴』から始めると

音読が効果があると分かっても、実際はなかなか取り組めない
壁があります。

そこで、脳力全開の『速音聴』が、音読の前段階として入ることで、
ただ聴くそれも、高速になった音読を聴くことを積み上げることで

次のステップとして自然に声を口から出したくなり、
気軽に、音読へと進む道を切り拓いてくれます。

そこに、脳力全開の『速音聴』にお金では買えない価値が出て来ます。

下記に能力開発の螺旋図を書きました。
能力開発のファーストステップは、【耳】で聴くことなのです。
人は、耳で聴くに何の苦労もいりません。
その人の特性をうまく利用して、まず、【耳】で聴くことから、
始めるのが、脳力全開の教育プログラムとなっています。

【能力開発の螺旋図】

   受動的     能動的
1.【耳】聴く 2.【口】話す
速音聴 =============> イメージング高速音読、早口講談
音楽 =============>口笛、歌
自然音

3.【目】見る 4.【手】書く、描く
楽譜 =============> 楽器演奏、演奏家
文字 =============> 文字を書く、書家
絵 =============> 絵を描く、画家
森羅万象 =============> 森羅万象を描く
速読 ===============> 作家

ここで記述している事を早く身に付けておくことは、
これからの出会うどんな学習にも応用できる普遍的な
ノウハウだと確信しています。


イメージング高速『音読』から『速読』へ

高速音読を実行することで速読のスピードが上がる。

最初申し上げましたらように、脳力全開教育で提唱している音読の方法
は、イメージングしながら高速で音読するという方法です。

通常の音読と何が違うかというと、大きくは二つあります。
1)一単語一単語が持っている『イメージ』を頭の中に意識して
  描きます。
2)音読のスピードを3倍速のあたりまで挑戦します。

======================
脳内での言葉のイメージ化と高速化です。
======================

(詳細な方法は、脳力全開講座の中で、また、ユーザー様専用の
支援サイトの中で説明をしております。随時、更新に努めております。)

速読マスターには、多くの人が憧れている能力の一つだと思います。

私も速読だけで10冊以上の本を持っています。なぜ、こんなに本が
たくさんあるかというと、長年身に付かなかったことによります。

何故マスター出来ないのか?

脳力全開方式から、俯瞰すると見えてきます。

音読で良く言われることは、「言葉の音声化をしない」ということです。

脳力全開では、「言葉の音声化をしない」のではなく、「音声を超高速化
して、一見音声化していないステージまで、昇華すること」と捉えます。

分かりやすくいうと、
音読をスピードは、『飛行機の滑走スピード』と捉えます。

滑走路を走ります。徐々に飛行機の滑走スピードが上がって行きます。
やがて、離陸出来る必要速度に達すると、飛行機は離陸を開始します。

『飛行機の離陸』、これが『速読』にあたると捉えるのです。

音読の高速化が、『速読』へと 繋がる理屈でございます。

そこで、高速の音読を実現するためには、
脳力全開で、【耳】から速音聴を聴くことから始めて、高速音読
のトレーニングを積み上げていくことで、

無理なくより自然に、速読を身に付けていくことが可能となって
おります。

【まずはお気軽に商品を無料でお試し下さい(ここをクリック)

a:8381 t:1 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional