あなたに「しあわせ全開」のゴールを手にして頂くため、あなたの感性(神性)を高めます。

速音聴でIQが上がる理由

速音聴でIQ能力が上がる理由

速音聴を一日21分間聴く脳力全開ライフを送って頂くと
結局、コンピュータの頭脳部分に当たる中央処理装置のクロック周波数が上がるように、頭脳処理能力が上がります。

脳内の頭脳を処理するクロック周波数のようなものを想定して頂いたら分かり易いと思います。

下記に分かり易く、メトロノームの音が一秒間に1回から16回鳴るリズム発振器を作りました。

例えば、

一倍速とは、1秒間に1ビートのリズム 16秒

二倍速とは、1秒間に2ビートのリズム  8秒

四倍速とは、1秒間に4ビートのリズム  4秒

八倍速とは、1秒間に8ビートのリズム  2秒

十六倍速とは、1秒間に16ビートのリズム 1秒

脳力全開ライフを送り、脳内の処理のクロック数を上げられることが、脳の処理能力が高まることに繋がっています。これによって、英語などの高速音声にも対応できる頭脳になったことを意味しています。

修身『年寄りに親切であれ』で、頭脳処理を上げる訓練

下記は、修身『年寄りに親切であれ』の文章に、上記にリズム音を加えてみました。2倍速になると、半分の聴く時間で、同じ情報を受け取ることになります。そのため、脳内の処理速度は、2倍にする必要になります。頭脳処理するタイミングをメトロノームの音の時に合わせて、意識して増やしていく訓練をすると、高速音にも追従して行けるようになって参ります。

一倍速 修身『年寄りに親切であれ』 32秒 

一倍速とは、1秒間に1ビートのリズム 

二倍速 修身『年寄りに親切であれ』 16秒 

二倍速とは、1秒間に2ビートのリズム

三倍速 修身『年寄りに親切であれ』 10.7秒 

三倍速とは、1秒間に3ビートのリズム

四倍速 修身『年寄りに親切であれ』  8秒

四倍速とは、1秒間に4ビートのリズム

速音聴のIQ能力の効果はどのくらいあるか?

一倍速 修身『年寄りに親切であれ』 32秒の文章を、

二倍速で聴くことが出来ると、16秒という半分の時間で理解できます。
通常、エネルギーというのは二乗での効果があるので二倍速が分かるということは、
IQ的には、4倍の効果となります。
この場合、32秒が16秒になるので、16秒の余裕が出来る事になります。

三倍速で聴くことが出来ると、10.7秒という三分の1の時間で理解できます。
通常、エネルギーというのは二乗での効果があるので三倍速が分かるということは、
IQ的には、9倍の効果となります。
この場合、32秒が10.7秒になるので、21.3秒の余裕が出来る事になります。

四倍速で聴くことが出来ると、8秒という四分の一の時間で聴くことが出来ます。
通常、エネルギーというのは二乗での効果があるので四倍速が分かるということは、
IQ的には、16倍の効果となります。
この場合は、32秒の文章が8秒となるので、なんと24秒の余裕が出来ることになります。

a:2801 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional