あなたの愛と才能を全開し、あなたを「しあわせ全開(一杯)」にします。

開発略歴

開発略歴

開喜男♪(v^_^)v。



 開発者が何故愛と才能を全開する「脳力全開」を開発するようになったのかは、PDFファイルでまとめましたので、ご覧になって下さると幸いでございます。

開喜男とは、グローバルサクセス研究所の所長である菊池昭雄の号でございます。




/開喜男♪(v^_^)vの「あがきヒストリー」/


1999年12月1日

  教育サービス専門会社 グローバルサクセス株式会社を設立する。

2000年8月1日

   デジタル速音聴システム『脳力全開』のV1.0を開発。
  20歳に出会った記憶術と33歳に体験した創造性とを
  統合するシステムを開発する。

2000年12月1日

  デジタル速音聴システム『脳力全開』のV2.0を開発。

2001年4月1日

   デジタル速音聴システム『脳力全開』V2.0
  の本格的販売を開始する。
  
  45年間の人生で追及してきた脳力開発の世界を、
  120日間の脳力全開講座、理論編、基礎編、応用編としてまとめ、
  全開の成功哲学講座として、セットにして本格的な販売を開始する。

2014年08月1日

   13年の経験を土台に、
  二代目となる「脳力全開Ⅱ」の出荷を開始する。
  
  2001年4月1日の初出荷からはちょうど、160か月、
  40日の誕生数では120回繰り返したこととなり、
  この間に進化した内容、ユーザー様のリアルな体験などを取り入れ、
  全面新しい講座として仕上げ、御提供することができた。

2014年09月17日

   いつもと同じようにキーボードの演奏の練習をした後、
  脳に今まで感じたことのない衝撃が走った。
  その脳内の現象をゆっくり分析して見ると、
  脳内の「音」と「絵」と「字」の各部位が太い脳神経で
  繋がった感覚ではなかったかと捉えました。
  
   そして、この体験こそが『全開』が追い求めてきた
  「脳力全開のステージ」であり、
  今日、そのステージ上に這い上がることが出来たのだ
  と捉えることが出来ました。

2015年01月15日

   9月17日の体験を通して、
  愛(EQ)と能力(IQ)を全開する脳力全開方法を、
  子供でも分かり易く『音絵字法』と命名する。

  その商標が特許庁で認められ商標登録される。

2018年02月19日

   ユーザー様に加速して速音聴効果が出てくるように、
  政木博士の開発されたパラメモリ技術を導入した
 「パラメモリ背景音付き速音聴」を開発し、リリースを始める。

  「脳力全開ⅡB」では、最初から御提供するように
  商品の構成リストの中に組み入れる。



元に戻る

  

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional